特定健診・特定保健指導 Checkup

あたらしい健康診断・保健指導がスタートしました

2008(平成20)年4月から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防の考え方を取り入れた、新しい健康診断と保健指導がスタートしました。これまで目指していた「病気の早期発見・早期治療」から、「病気になる前にまず予防」へと、健康診断と保健指導のあり方が大きく変わります。

特定健康診査

特定健康診査とは、医療保険者が40〜74歳の加入者を対象として、メタボリックシンドロームの予防を目的に実施する健康診断です。市町村の健康診断では、国民健康保険加入者が対象となります。なお、国保以外の健康保険組合に加入している被扶養者が受診する場合、加入医療保険者がそれぞれ発行する受診券と被保険者証が必要となります。よぼういがく協会では、特定健診・保健指導実施機関として、国の示す内容に則した健康診断を行っています。

特  徴

  • 40歳から74歳の全ての医療保険の加入者が受診対象となります。
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満症候群)の概念を導入しています。
  • 医療保険者に特定健康診査が義務づけられました。
  • 前年度特定健康診査の結果と比較し、毎年計画的に実施します。
  • 特定健康診査と併せ、その結果に基づく保健指導も医療保険者に義務づけられました。

検査項目

基本的な検査項目(対象者全員が受診)
  • 問  診
  • 診  察
  • 身体計測(身長・体重、BMI、腹囲測定)
  • 血圧測定
  • 血中脂質検査(中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 尿検査(糖・蛋白)
詳細な検査項目(必要と認められた人がに追加して受診)
検査項目 条  件
心電図検査
眼底検査
前年度の健診結果において、以下の基準に全て該当した者のうち、医師が必要と認めた者
a.血糖  空腹時血糖100mg/dl以上  またはHbA1cが5.6%以上
b.脂質  中性脂肪150mg/dl以上  またはHDL-Cが40mg/dl未満
c.血圧  収縮期130mmHg以上  または、拡張期が85mmHg以上
d.肥満  腹囲男性85cm以上  女性90cm以上  またはBMI25以上
貧血検査
(RBC、Hb、Ht)
貧血の既往歴を有する者または視診等で貧血が疑われる者のうち医師が必要と認めた者

特定保健指導

医療保険者が特定健康診査の結果により、健康保持に努める必要がある人に対し、毎年度計画的に動機付け支援と積極的支援を行います。また、全員に健診結果と共に健康づくりのための情報提供を行います。なお、保健指導を受ける場合、利用券と被保険者証が必要となります。
よぼういがく協会では、特定健康診査・保健指導実施機関として、国の示す内容に則した保健指導を行っています。

特  徴

  • 医療保険者に特定保健指導が義務づけられました。
  • 保健指導後の改善状況も評価します。
  • 専門スタッフ(医師・保健師・管理栄養士等)が生活習慣改善のお手伝いをします。
  • 保健指導は定期的・継続的に行われます。

特定健康診査後の流れ

特定保健指導の内容

動機づけ支援メタボリックシンドローム予備群に対して、個別面談やグループ面談で生活習慣改善のアドバイスを実施し、6ケ月後に改善状況を評価します。

積極的支援メタボリックシンドローム該当者に対して、個別面談やグループ支援で生活習慣改善の具体的な指導を実施し、初回時の面接から3ケ月以上継続的な支援を行い、6ケ月後に実績評価を行います。

特定健康診査機関・特定保健指導機関データベース

下記リンクをクリックすると、国立保健医療科学院HP内の当協会詳細ページへ移動します。